痛み 神経因性疼痛ー手根管症候群

福井県坂井市春江町の整体院セラピストハウスです。

 

痛み 痛みの歴史と現在、 痛み 痛みの役割痛み 急性痛と慢性痛痛み 内臓の関連痛痛み トリガーポイント痛み 痛みを楽にする方法痛み まとめ痛み 頭痛ー緊張型頭痛痛み 頭痛ー片頭痛痛み 頭痛ー群発頭痛痛み 頭痛ークモ膜下出血痛み 筋肉痛痛み 肩こり痛み 肩関節周囲炎(五十肩)痛み 腰痛痛み 腰痛ーぎっくり腰、痛み 腰痛ー慢性腰痛、痛み 腰痛ーこむら返り痛み 顎関節症痛み 血流障害による痛み痛み 血流障害による痛みー閉塞性動脈硬化症(ASO)、閉塞性血栓血管炎(TAO)、レイノー症候群痛み 神経因性疼痛痛み 神経因性疼痛ー帯状疱疹痛み 神経因性疼痛ー三叉神経痛に続く痛みシリーズの24回目です。

 

今回は手根管症候群について取り上げていきます。

 

手根管症候群とは?

手の小指には尺骨神経、親指付近には橈骨神経、親指から中指にかけては正中神経が広がっています。

手のひら側の手首の下には手根骨とリストバンドのような横手根靭帯(屈筋支帯)があります。手根骨と屈筋支帯で取り囲まれた部位は手根管、英語ではカーパル・トンネル(= carpal tunnel )と呼ばれていて、この狭いトンネルの中を正中神経と手指屈筋腱が通っています。正中神経が手根管の中で慢性的に絞扼されるために、しびれや痛み、運動障害を起こすのが手根管症候群です。

 

手根管症候群の原因は?

中年以降の女性の利き手に多く起こり、手首の過度の使用、腱鞘炎、妊娠によるむくみ、骨折や腫瘤による手根管の圧迫、血液透析によるアミロイドの沈着などが原因になります。

 

手根管症候群の症状は?

人差し指・中指・薬指・親指に痛みやしびれ、ピリピリした感覚などの症状がみられます。コンピューターのキーボードを使う時の姿勢が悪い場合も発症しやすくなります。痛みやしびれは夜間や明け方に増強し、手関節をトントンと叩くと指先に向けて痛みやしびれが放散します。

 

手根管症候群の治療は?

手首の使いすぎの場合は極力手首を使わないことが治療となりますが、鎮痛薬や神経の回復を助ける意味でビタミンB12が効果的です。症状が進行する場合には、手根管を開いて神経への圧迫を除去する手術を行うこともあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です