手首の腱鞘炎について

福井県坂井市春江町の整体院、セラピストハウスの竹中です。

手首の腱鞘炎についてまとめていきたいと思います。

 

手首の腱鞘炎とは?

 手首の腱鞘炎は、親指側にある腱鞘と、主に親指の第二関節を伸ばす働きをする「短母指伸筋」や、親指を広げる働きをする「長母指外転筋」に炎症が起こった状態で、正式にはドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)といいます。

 


手首の腱鞘炎の症状

 手首の親指側が痛み、腫れます。親指を曲げたり、広げたり、動かしたりするときに痛みが生じ、この状態を放置すると、親指を動かさなくても強い痛みが走るようになります。

 

手首の腱鞘炎の原因

 主な原因は、親指の使いすぎで、指をよく使うスポーツや職業の人、また妊娠・出産期の女性や更年期の女性に多いのが特徴です。

 短母指伸筋と長母指外転筋は、動きを調整するために伸筋支帯にて押さえられていますが、この下部にある腱鞘で炎症が起こっている事が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です