ストレッチのダイエット効果

福井県坂井市春江町の整体院、セラピストハウスの竹中です。

 

数回に分けて記事にしてきた柔軟性については、今回で一段落にしようと思います。

今回の記事は、お客様からよく聞かれる内容、「柔軟性をあげると(ストレッチをすると)痩せる」という内容です。

 

googleで「ストレッチ」といれると、「ダイエット」が提案されます。

 

ストレッチにはダイエット効果が期待できるのでしょうか?

 

酪農学園大学の山口太一博士はこのように仮説をたてておられます。

「柔軟性が高いということは、腱などがやわらかく、関節の可動性が大きいという事を意味する。そのため、柔軟性が高い人では、ウォーキングやランニングなどの運動中に、関節が必要以上に曲がってしまいそうになるのだ。そこで、関連する筋肉が収縮することによって、この曲がりすぎを抑えるような働きをするとされている。」

 

簡単にいうと、こちらの記事にあるように、柔軟性が高いと関節を痛めないように主働筋と拮抗筋が緊張し、エネルギーの無駄遣いをしてしまうという事です。このエネルギーの無駄遣いが、ダイエットに効果があるのではないか?と推察されるそうです。

 

その他にも、リンパの流れが良くなるなどの効果も期待されるようです。

 

ストレッチングがダイエットに効果があるのかには、私は懐疑的ですが、実際に効果があると良いなと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です