左右のバランスが悪くて、一方が悪くなった場合は?

福井県坂井市春江町の整体院、セラピストハウスの竹中です。

お客様の施術をしていると、左右のバランスが悪くて種々の症状がでている場面を経験します。このような場合、どのような順番でアプローチしていけば良いのでしょうか?

いろいろな見解があるかと思いますが、私はこのように考えています。

まず、症状を抑えるようにしていく。そして、症状が治まったら、左右のバランスを整えていく、という2段階で考えていきます。

左右のバランスという原因が明確になっているのなら、最初からそこを整えていけば良いのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、私は症状を抑えてからバランスを整えていくという選択を提案する事が多いです。
理由は、その方が上手くいく事が多いから、です。

体幹の安定性が低下し、ランニング中に左足に痛みなどの症状がでている場合をとりあげます。
この場合の原因を左股関節の伸展が少なくなっているとします。

左股関節伸展はこの動きですね。

特に股関節の前方を通っている腸腰筋(大・小腰筋と腸骨筋)の伸びが悪くなっている事が原因の事が多いです。
腸腰筋はこちら

この腸腰筋をストレッチします。ストレッチはこのような動きですね。

この体操を続けて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です