Q&A 私的な頭痛への対処経験

福井県坂井市春江町の整体院セラピストハウスです。

 

お客様から「(竹中が)痛い時はどうやって対処するの?」と聞かれることがあります。

 

ありがたいことで、どうやら私の身体は丈夫なようで、その上臆病な性格なので、傷む前に休んでしまうので、あまり身体に痛みを感じる事はないのですが、昨夜は頭痛で眠れませんでした。

その時の対処を記事にしておきます。

 

正しい対処法かどうかは分かりませんし、また、いわゆる自分語りになるので、興味がない方は飛ばして下さい。

 

さてさて。

 

昨夜は22:00過ぎに床につきました。

電気を消して寝ようとしたのですが、頭が痛くてなかなか寝付けませんでした。

そうこうしている内に寝てしまったのですが、24:00くらいに頭痛で目が覚めてしまい、そこから寝付けない。

 

お酒を飲んでいたため、そのせいかと思い、吐き戻しに行ったのですが、出ない。

違うのかと思い、また布団に戻ったのですが、30分くらいグダグダしていても寝付けない。

 

基本的に私は頭痛に悩まされる事はないのですが、この時ばかりは一向に軽くならない頭痛。

眠いけど、眠れないのはつらいですね。

 

ちゃんと向き合おうと思って、自分でみたところ、こんな感じでした。

・第2頸椎の左facet jointに硬さあり(しかしこれは元々ある拘縮)

・上後頭下神経に圧痛あるも軽度(元々こんな感じ)

・後斜角筋と肩甲挙筋に過緊張(いつもより硬い)

・左咬筋に過緊張と左下顎頭の後退(いつもより重度)

 

これらの事を踏まえて、いろいろ考えた結論として、「寒いから頭痛がでたんだろう」と仮説をたてました。

対処法として、お風呂を沸かして入りました(我が家では温まるにはお風呂が一番です)。

その結果、頭痛は消え、熟睡できました。

 

 

昨晩は冷えましたもんね!

 

今夜からタオルケットだけでなく、夏布団をだして寝る事にします。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です