Q&A 怪我をした時は、冷やすの?温めるの?

福井県坂井市春江町の整体院セラピストハウスです。

 

ケガをした時は、冷やす方が良いのか?温めた方が良いのか?

 

たとえば太ももを打撲したとします。
毛細血管が切れて内出血している時に温めると、血行がよくなりさらに内出血が増えて、腫れが増します。つまりケガをした直後には、冷やして血管を収縮させることで内出血を減らし、腫れを少なくするとともに、同時に冷やす事で痛みの感覚を麻痺させることが良いです。同じ理屈で、ケガをした数時間以内にお酒を飲むと血行が良くなり、腫れや痛みが増す事があります。
しかし、あまり冷やし過ぎると凍傷になる可能性もありますので、ビニール袋に氷水を入れたくらいの温度が安全です。また、あまり長い時間冷やし続けると、今度は血行が悪くなり過ぎて、酸素や栄養が不足してしまいます。ケガの状態によりますが、冷やす時間は数十分からせいぜい1~2時間くらいで良いそうです。
ケガをして1~2日くらいで内出血も止まり、腫れもピークに達するので、これ以降は温めて血行を良くし、酸素と栄養を供給し、ケガの治癒を促していきます。酸素と栄養を補給し、老廃物を捨てるためには血行が大切です。

とのくらい冷やして、その後どのくらいから温めるかは、ケガの程度や部位によりますが、一般的には「最初は冷やして、そのあと温める」ととらえて下さい。

冷やすべきか温めるべきかを判断するには、お風呂が良いです。風呂に入り、患部を温めた時にズキズキ痛む場合はまだ急性期で冷やすべきです。温めて患部が気持ちよくなるようであれば、急性期を過ぎているので温める頃合いと判断する方法があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です