腰痛に対する雑感

福井県坂井市春江町の整体院セラピストハウスです。

 

先日、取材をうけていた時の事なのですが、「いつもどのようにしているのですか?」と聞かれました。

 

これに答える事は難しい・・・。

どのように説明しても正しく理解してもらえる気がしません。

隠しているつもりでも、説明しない事で権威を高めたい訳でも、全くそんなつもりではないのですが、説明できません。

 

私が教えていただいた方の言葉を拝借するなら、「人間の身体は難しいんですよ」となります。

 

 

早稲田大学スポーツ科学学術院教授で腰痛の研究をされている金岡恒治医師は、かなりシステマチックに腰痛の分類を行ってはいますが、それすら説明することは難しいです。

 

筋肉や筋膜に原因がある時は、痛みは手のひらで示すような痛みを、

関節に原因がある時は、痛みは指先で示すような、

神経が原因ならば、神経症状や神経の走行に沿った痛みが、

 

など、断片的に参考となる初見の説明はできますが、じゃあ必ずその通りかというと必ずではないです。

この必ずという事が難しいのです。

 

 

人間の身体を扱う以上、責任は付随してきます。

80%の人はこうやったら良くなるという事はでてきても、残りの20%が良くならないなら、それはすべきでないと思います。

お金ならそれで良いと思います。80%の人が儲かるならそれはとても良い事だと思います。

儲けた人が、儲けられなかった人に分けてあげれば良いだけですから。

 

 

この辺りの事を考えると、モンモンとしてきて、黙り込むわけです。

たまに「うーん」とか「いや」とか言いながら、楽に30分は黙り込むわけです。

 

結論はギブアップです。

 

正解がないから面白いと捉えられているので、自分の仕事は面白いと思うのですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です