腰椎椎間板ヘルニア

坂井市春江町の整体院セラピストハウスです。

 

腰椎椎間板ヘルニアについてまとめたいと思います。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは?

まず、ヘルニアという言葉ですが、「ヘルニア(hernia)」は体内の臓器が外に飛び出している状態をさす言葉です。

 

つまり、腰椎椎間板ヘルニアとは、「腰椎(腰部の背骨)」の「椎間板(背骨の間にあるクッション)」が「飛び出している(ヘルニア)」という状態を指します。

第5腰椎椎間板ヘルニアの画像です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この突出した椎間板が、神経を圧迫すると、しびれや筋力低下といった神経症状を引き起こします。

椎間板ヘルニアの診断は医療機関でしかできませんので、医療機関でない当院では診断ができません。申し訳ありません。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因は?

原因の不明です。

なにげなく立っているだけでも、椎間板には負荷がかかりますし、日常生活のいかなる動作でも負荷は避けられません。その負荷が強くなる、もしくは同じ部分に負荷がかかりすぎて、椎間板が耐えられる限界を超えた時に、椎間板ヘルニアが起こります。

事故などで急性発症したヘルニアの原因は分かりますが、多くのヘルニアは徐々に発症していき、ある日症状を発症する事が多いです。

また、その症状は、「不意に」や「たまに」といったようにときどき症状が出ていたものが、徐々に症状が消えなくなっていったり、症状がでる頻度が増したりといった経過を辿る事が多いです。

気になる症状がある場合には、原因を特定する事が大切かと思います。

 

腰椎椎間板ヘルニアに限らず、腰痛全般の原因を特定するには、日常生活に関して綿密にお話を伺う(問診)が大切です。

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状は?

 

 

 

 

 

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状は、神経のどの部位が圧迫されているかで症状が異なりますが、通常、強い痛みとその痛みによって体を動かす事が難しくなります。

持続性の腰痛に加え、臀部、鼠径部、下肢に痛みが放散しやすいのですが、典型的には坐骨神経痛が発症し、足先にかけてしびれやヒリヒリ感が出現することもあります。

 

腰椎椎間板ヘルニアのリスク・回復は?

ヘルニアの症状から回復するには、通常4~6週間かかるとされますが、重大な症状に発展する可能性は低いです。

しかし、ヘルニアが脊柱管全体を占拠し、馬尾が圧迫された場合、足や膀胱、腸を支配する神経がダメージを受ける事があります。

この場合、両下肢の筋力低下やしびれ、排尿排便障害に加え、勃起不全が起こる可能性もあります。

このような症状の発症は稀ですが、緊急に医療機関を受診するべきです。

 

 

参考文献 : 英国医師会 腰痛・頚部痛ガイド 監訳 松平浩・竹下克志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です