姿勢の悪さは首の痛み(肩こり)の原因か?

他サイトからの引用ですが、面白かったので紹介します。

 

ブラジルで行われた研究結果では、

「テキストネック(= text neck)」と言っても、

テキストネック自体あまり馴染みがない言葉だと思うので日本語に言い直すと、

「携帯電話などを長時間使っていて首の姿勢が悪くなっている状態」

 

ストレートネックやヘッドフォワード、首猫背などなど、いろいろな人がいろいろな言葉で表現していますが、

は首の痛み(肩こり)の原因か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの研究結果では、

「関係ない」

と結論づけられています。

 

 

つまり、「姿勢が悪い ↔ 首の痛み では無い」という可能性があります。

 

 

 

 

まだまだ分からない事が多いですが、

この研究結果は個人的に思い当たる経験があります。

 

お客様、患者様などの症状がある方だと姿勢と症状は一致しやすいのですが、

私が仕事中以外にお会いする方だと、

どんなにおかしな姿勢でも症状がなかったり、

そしてそのまま10年後に再び会っても全く症状が出ていなかったりする事があります。

 

症状がない方だと姿勢と症状は一致しにくいのです。

 

 

もちろん、姿勢と症状が一致する方にプライベートでお会いする事もあります。

 

 

こんな経験をすると、

根本的に自分の理屈を見直さないといけないかな、

でも、お客様は満足してくれているしな、

いやいや、でもでも、

と出口の無い迷路に入り込んでしまいます。

 

以前は、その辺りを歩いている人に声をかけて、

「姿勢悪いけど何も症状ない?」

と聞きたい気持ちもありましたが、

実行には移しませんでした。

 

 

あ、今はもうそのような気持ちはありません。

ご安心下さい。

 

 

 

人間の身体は難しいです。

 

明日も、上手にできると良いなと願うとともに、

人体から学ぶ姿勢は忘れないよう心がけたいと思います。

 

 

 

元の研究はこちらをご参照下さい。

英語ですがご了承ください。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29306972

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です