3つのタイプの腱鞘炎

 福井県坂井市春江町の整体院、セラピストハウスの竹中です。

 手首や指に限らず、足首などにも起こる可能性がある腱鞘炎ですが、やはり最も発生頻度が高いのは手です。

 腱鞘炎は痛みのもとになっている炎症のある部位によって、

  1. 手首の腱鞘炎
  2. 肘の腱鞘炎
  3. 指の腱鞘炎

の大きく3つに分けられます。これらの腱鞘炎は「三大腱鞘炎」といわれ、手を酷使する人たちに多く、職業病ともいわれているのも、この三大腱鞘炎です。
三大腱鞘炎は、それぞれ使いすぎて負担がかかっている筋肉が違い、どの部分の腱と腱鞘がこすれ合っているのかも違うため、痛みが出る部位も違います。

大別すると次のとおりです。

1 手の甲の親指のつけ根に腫れと痛みがある → 手首の腱鞘炎


2 ものを持ったときなどに肘から手首にかけて痛みを感じる → ひじの腱鞘炎


3 手のひらの指のつけ根が腫れたり、指の曲げ伸ばしがスムーズにいかなくなり、カクカクと引っかかる感じになる → 指の腱鞘炎

手首に症状があらわれる「手首の腱鞘炎」はドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)、ひじに症状があらわれる「ひじの腱鞘炎」はテニス肘・ゴルフ肘、指に症状があらわれる「指の腱鞘炎」はバネ指とも呼ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です