理学療法士で良かったこと

理学療法士で良かったと思う事があります。

保健の外にいるので、何ができるのか?と自問したこともありますし、他者から問われた事もあります。

 

私にとって、理学療法士で良かったと思えるのは、同業種が世界中にいることです。

理学療法士にとっては当たり前の、英論文があるという事は、実は異常な事なんですね。

英論文に限る訳ではありません。英語圏という国際的な共通語の中に、自分たちの職種があるという意味です。

 

日本独自の職種は、日本人内だけで学ばないといけないんですね。

外国から学ぼうとすると、異業種から学ばないといけなくなり、学んだ内容を変換する必要がある訳です。

 

決して、日本のレベルが低いといっている訳ではないですよ。むしろ、日本はレベルが高いと思っています。

単純に母数の違いや確率というと伝わるでしょうか。

日本国内に天才が100人いたら、世界中にはその何倍もの人数の天才がいます。

それらの膨大な数の天才の手法を同じ土俵で取り込める訳です。

 

このメリットは大きいと感じます。

若い頃には当たり前の事でしたが、今はそのメリットの大きさを感じます。

 

 

この辺りの捉え方は嗜好が関係するのかもしれません。

私はオリジナルというのはあまり好きではありません。

オリジナルは自分のためにはなりますが、お客様のために必ず役立つわけではありませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です