こんな方がおられました 肩こり①

福井県坂井市春江町の整体院セラピストハウスです。

 

 

今回は肩こりでお越しになられた方の紹介をしたいと思います。

なお、今回も画像無しという条件で、ブログで紹介してOKという許可は得ております。

 

ケース紹介

性別:女性

年齢:40代

症状:仕事をすると肩が痛い 目の疲れ(眼科受診中) 肩こりがひどくなると頭痛がでる

 

仕事は、パソコン仕事中心。

元々肩こりはあったが、ここ2週間ほど痛くて我慢できない。

仕事をしないと、我慢できる。

 

評価

姿勢は、いわゆる猫背で頭部が前方に突出している。

上位胸椎と上位頸椎も屈曲している。

僧帽筋上部線維に過緊張。

後頭部の神経に過緊張あり。

上肢へのしびれなどの神経症状はなし。

 

施術の内容

  • 上位頸椎の可動性を引き出す
  • 肋骨と胸椎の位置異常の修正
  • ストレッチとリラクゼーション
  • 仕事中の姿勢の指導と、自宅で行う体操の練習と指導

 

などを適時組み合わせる。

 

経過

初回の1週間後に、2回目に来院される。

「(初回が終わった後は)目の前が明るくなって、びっくりするくらい良くなった。」「けど、3日すると元に戻った。」とのこと。

 

その1週後に3回目の来院。

「すごい楽になった。」

 

その4週後に4回目の来院。

「仕事の忙しさと肩こりが比例する(←疲れという事かと解釈します)。」

 

その後、疲れの解消目的で、月に1度の頻度で継続して通われる。

 

考察

いわゆる肩こりかと思います。

猫背で巻き肩、頭を前に突き出す、左への重心偏移、鎖骨の挙上などなど。

基本に立ち返って、硬くなっている部分の柔軟性を引き出し、弱くなっている筋肉を刺激していく。

症状が和らいできたら、運動学習理論に則って、姿勢を修正し、学習を促していく。

 

感想

いわゆるDVT症候群かと考えました。

DVT症候群についてはこちらこちらこちらをご参照ください。

 

よく他の方にも言ってしまう事なのですが、「仕事、頑張らなければ良いのに」というのが私の感想です。

無理せず、休むのが一番良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です