こんな方がおられました 腰痛①

福井県坂井市春江町の整体院セラピストハウスです。

 

 

今回は腰痛でお越しになられた方の紹介をしたいと思います。

なお、画像無しという条件で、ブログで紹介してOKという許可は得ております。

 

 

ケース紹介

性別:男性

年齢:20代中盤

症状:仕事をすると痛い(仕事は外仕事)

 

土木作業中に、スコップで土を掘り起こす作業を続けると腰が痛いとのこと。

以前は、デスクワークをしていた。今の職場で働き始めて約3カ月。

病院でレントゲンを撮影しても特に異常はみられず、湿布と痛み止めを出された。

診断名は忘れたが、筋肉痛だと言われたとのこと。

 

評価

姿勢は腰椎の前湾が強く、屈曲した状態から伸展してくる時に腰が痛い。中間位から伸展する時も痛い。

痛みの強さは 屈曲位からの伸展 > 中間位からの伸展

 

筋肉は腹筋が弱く、背筋に過緊張あり

 

施術の内容

  • 背骨の動きが悪くなっている部分の動きを良くする
  • 腰背筋のリラクゼーションやストレッチ
  • 体幹の筋トレ(スタビライゼーション)
  • 自宅で行う体操の練習と指導

 

などを適時組み合わせる

 

経過

初回の3日後に、2回目に来院される。

「痛い動きがはっきりした」とのこと。

 

その5日後に3回目の来院。

痛みは午前中は良いけど、夕方になると痛みがでてくる。

 

その2週後に4回目の来院。

「痛くないようにしていれば痛くないけど、痛くしようと思わないだけで、痛いのは痛いと思う」「最初に来た時と比べると、痛みは10分の1くらい」「実は体操をやっていない」

体操を行うよう伝える

 

3日後に5回目の来院。

「(来院の)間を開けないと、楽」「痛いというより疲れ」

 

6回目以降は2週間おきで体調の管理目的に移行していく。

その後、3回(初回から数えると9回)通われる。

痛みを自分でコントロールできる状態で、仕事上、問題がなくなり、「また悪くなったら来るね」という事で通院終了となる。

 

その3か月後に、別件で来られるも、腰痛は大丈夫とのことでした。

 

考察

仕事が変わった事で、新しい環境に身体が適応していない事が、腰痛の原因と考えられた。

病院でレントゲンを撮影していたので、問題がはっきりしやすかった。

 

自宅での体操を行っていないとの事であったが、痛みのピークを過ぎたからかと思う。痛みが強い時は、痛みが楽になるならどんな体操でも行ってくれる方が多いのですが、そのような意味では良い兆候なのかと私は解釈しています。喉元過ぎれば熱さを忘れる、という解釈です。

 

感想

腰痛は再発しやすく、その不安から、通院を終了する区切りが難しいですね。

思っていたより通院の回数が多くなりました。

通院開始当初は仕事を変える事も考えられておられたのですが、新しい仕事を続けられる事となり、良かったように思います。

 

 

 

 

個人情報に関わるので、とてもとてもざっくりした感じですが、こんな感じです。

その他、ご不明な点が多いかと思いますが、参考になると幸いです。

 

答えられない事がありますが、許される範囲でお答えします。

ご質問などありましたら、お気軽にご連絡ください。

失礼致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です