痛み 腰痛ーこむら返り

福井県坂井市春江町の整体院セラピストハウスです。

 

痛み 痛みの歴史と現在、 痛み 痛みの役割痛み 急性痛と慢性痛痛み 内臓の関連痛痛み トリガーポイント痛み 痛みを楽にする方法痛み まとめ痛み 頭痛ー緊張型頭痛痛み 頭痛ー片頭痛痛み 頭痛ー群発頭痛痛み 頭痛ークモ膜下出血痛み 筋肉痛痛み 肩こり痛み 肩関節周囲炎(五十肩)痛み 腰痛痛み 腰痛ーぎっくり腰、痛み 腰痛ー慢性腰痛に続く痛みシリーズの17回目です。

 

この記事ではこむら返りを記事に取り上げたいと思います。

 

こむら返りの症状は?

こむら返りとは、ふくらはぎに起こる痛みを伴う筋痙攣の総称です。ふくらはぎには下腿三頭筋があり、下腿三頭筋は2つの筋頭を持つ腓腹筋とヒラメ筋で構成されています。腓腹筋の一部が強く収縮して、ふくらんで固くなっている時には、収縮した筋線維と収縮しない筋線維の間にずれの力が働くために、筋肉内の侵害受容器が刺激されて、激しい痛みを感じるのです。筋痙攣の持続は通常数秒~数分で、特に激しい運動の後や、睡眠中にみられる事が多いようです。腓腹筋に起こりやすいのですが、同じような筋痙攣は、指・首・肩などでも起こります。健康な人でもみられますが、糖尿病や肝疾患のある人、高齢者や妊婦などにも起きやすいことが知られています。

 

こむら返りの原因は?

細胞外液に多い電解質はナトリウムイオンと塩素イオンで、細胞内液にはカリウムイオンが多く含まれています。筋肉が収縮する時には脱分極が起きて、ナトリウムイオンは細胞内へ流入し、逆にカリウムイオンは細胞外へ流出します。スポーツなどで多量に汗をかいた時、妊娠中でカルシウムやマグネシウム不足が続くとき、下痢による脱水状態が続くとき、糖尿病や腎不全、肝硬変のある人では代謝の異常により、体液の電解質のバランスが崩れて、神経や筋肉が興奮しやすい状態になります。

 

こむら返りの予防は?

こむら返りの予防には、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどの電解質を補給するために、野菜や果物、海藻類、牛乳、小魚などをバランスよく食べる事が大切です。そして運動の前に準備運動をし、スポーツドリンクなどを飲んで水分や電解質を補給する事も忘れないようにして下さい。

 

 

痛み 腰痛ーこむら返り” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です