痛み 腰痛ーぎっくり腰

福井県坂井市春江町の整体院セラピストハウスです。

 

痛み 痛みの歴史と現在、 痛み 痛みの役割痛み 急性痛と慢性痛痛み 内臓の関連痛痛み トリガーポイント痛み 痛みを楽にする方法痛み まとめ痛み 頭痛ー緊張型頭痛痛み 頭痛ー片頭痛痛み 頭痛ー群発頭痛痛み 頭痛ークモ膜下出血痛み 筋肉痛痛み 肩こり痛み 肩関節周囲炎(五十肩)痛み 腰痛に続く痛みシリーズの15回目です。

 

この記事では急性腰痛症、通称ぎっくり腰を記事にしていきます。

 

ぎっくり腰(急性腰痛)の原因と症状は?

重い物を持った時や腰を強くひねったはずみに起こる、いわゆるぎっくり腰は、欧米ではその病態から「魔女の一撃」とも呼ばれるほど激しい痛みです。ぎっくり腰の多くは、腰椎の関節である椎間の部分が炎症を起こす「椎間関節症」や、腰の筋肉が肉離れのような炎症を起こす「筋・筋膜性腰痛症」によるものです。

 

ぎっくり腰(急性腰痛症)の治療と予防は?

治療しなくても3~4日経つと少しずつ動けるようになりますが、無理をすると症状が戻ります。痛みがでた急性期は安静が必要ですが、痛みで1週間も動けないとなると、元気だった人も次第に不安になります。早い時期に神経ブロックなどにより痛みをとることで、翌日には仕事に出られるまでに回復する事も可能です。運動不測や加齢により筋力が落ちた人、同じ姿勢を長時間続けている職種の人、身体が硬く血行の悪い人がぎっくり腰になりやすいので、予防には、運動などで筋力をつけたり、ストレッチで身体をほぐすように心がけることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です