痛み 腰痛

福井県坂井市春江町の整体院セラピストハウスです。

 

痛み 痛みの歴史と現在、 痛み 痛みの役割痛み 急性痛と慢性痛痛み 内臓の関連痛痛み トリガーポイント痛み 痛みを楽にする方法痛み まとめ痛み 頭痛ー緊張型頭痛痛み 頭痛ー片頭痛痛み 頭痛ー群発頭痛痛み 頭痛ークモ膜下出血痛み 筋肉痛痛み 肩こり痛み 肩関節周囲炎(五十肩)に続く痛みシリーズの14回目です。

 

腰痛は、人類が直立二足歩行を始めた時からの宿命といえます。直立したことによって脊椎は重い上体を支えなければならなくなり、特に腰椎に大きく力がかかるようになりました。少し前傾の姿勢をとったり重い物を持ったりして腰椎の負担がさらに増加すると、重力に耐え切れなくなって腰痛が生じます。実は座っている姿勢も、腰への負担がかなり高いので、長時間椅子に座るデスクワーカーにも腰痛で悩んでいる方が少なくありません。脊椎は、首・胸・腰の部分でS字形に湾曲しています。椅子に座り机で作業する姿勢は腰椎の椎間板の内圧を高くするため、このような姿勢を長時間続けると、腰の生理的湾曲が失われて椎間板にアンバランスな力が加わり、腰椎を引き起こしやすくなるのです。

多くの腰痛は脊椎に原因があり、20~30代では腰椎椎間関節症や腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症が多く、40代以降は変形性脊椎症や骨粗鬆症が多くなります。脊椎以外に、内臓由来、血管由来の腰痛もありますし、神経性や心因性の腰痛もあります。

 

次の記事から、より具体的な腰痛の種類について記事にしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です