痛み 肩関節周囲炎(五十肩)

福井県坂井市春江町の整体院セラピストハウスです。

 

痛み 痛みの歴史と現在、 痛み 痛みの役割痛み 急性痛と慢性痛痛み 内臓の関連痛痛み トリガーポイント痛み 痛みを楽にする方法痛み まとめ痛み 頭痛ー緊張型頭痛痛み 頭痛ー片頭痛痛み 頭痛ー群発頭痛痛み 頭痛ークモ膜下出血痛み 筋肉痛痛み 肩こりに続く痛みシリーズの13回目です。

 

今回は肩関節周囲炎、俗称50肩です。

 

肩関節周囲炎とは?

中高年になると、とれといった原因がないのに、肩が痛くて腕があがらなくなったり、手が後ろに回らなくなったりします。このような、加齢に伴う肩関節周囲炎は、一般に「五十肩」と呼ばれていますが、年々若年化して「四十肩」とも呼ばれるようになりました。最近では30代の方の発症も多くなりました。

江戸時代には、人生50年という当時の寿命をこえて起こる肩の痛みということから「長寿病」とも呼ばれていたようです。拘縮にまで至ったものは、欧米ではフローズンショルダー(凍結肩)と呼ばれています。眠れないほど痛むこともあり、痛みのために肩を動かさなくなると動きが制限され、筋肉もやせて萎縮し、ますます痛くなるという悪循環に陥ります。

 

肩関節周囲炎の症状は?

主な症状は、肩からうでにかけての痛みと腕の動きが制限されることですが、一口に肩関節周囲炎といっても、腱板断裂、肩峰下滑液包炎、肩関節不安定症、石灰沈着性腱板炎、上腕二頭腱炎など、いろいろな肩の疾患による症状なのです。

 

肩関節周囲炎の治療は?

症状が出始めた最初の2週間~2ヵ月の急性期には、貼り薬や内服の鎮痛薬で痛みをとるとともに、局所は冷やして安静にします。それ以降の万世紀は、逆に局所を温め、肩の動きを回復させる運動をします。無理に動かすと、いっそう炎症がひどくなりますから、加減しながら徐々に動かす事がポイントです。痛みがひどい場合には、肩甲上神経やトリガーポイントへのブロック、肩関節へのステロイドやヒアルロン酸ナトリウムの注射という治療法もあります。

痛み 肩関節周囲炎(五十肩)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です