アンチエイジングとしてのダイエット

福井県坂井市春江町の整体院セラピストハウスです。

 

ダイエットは関心が高い内容だと思います。

 

昭和51年生まれの私が40歳を過ぎたからでしょうか。

10代や20代がダイエット情報を見ているのを目にすると、「何しても痩せるじゃん」「メシ喰うな」と思ってしまうのは・・・。

その年代だった頃の私は、痩せようと思えばすぐに痩せられました。努力に結果が比例していました。

羨ましいという気持ち以上に妬ましいです。

 

 

一般的に、男性ならば35歳から筋肉が衰え代謝が下がり始めます。

四十路を迎えると、20代とは違う体つきを自覚します。

削げていくお尻、贅肉がついていく背中、とれない疲れ、薄くなる頭、おいつかない白髪、シワ、皮膚のたるみ。

そして、突き出てくるお腹。

 

自慢ではありませんが、童顔で坊主頭の私は、実年齢よりも若く言われる事が多いです。

初見の方に私の年齢(当時38歳)を伝えた時、二度見されたのは覚えています。

「30は過ぎてると思ったけど!」

多分、気遣いではなく、本心のような反応に、嬉しさよりも気恥ずかしさを感じた事を思い出します。

 

42歳を迎える私は、今、何歳にみられるのでしょう。

 

気遣いなく聞いてみたいです。

嘘です。やっぱり聞きたくありません。

 

 

 

老化

 

いつか受け入れられるんでしょうか。

 

 

昔、80代の方に教えてもらった事があります。

「今でも40歳の頃と心は変わらないんだよ」と。

あれは本心だと思います。

 

あの方の言葉にならうなら、私はあと40年このままの心で年齢だけ重ねるはずです。

心に成長がないなら、せめて見た目だけでも、若々しさを身につけたいと思います。

 

そのためにダイエットを記事にしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です