坂井市にパピーミルが・・・③ 「子犬工場」虐待か否か、平行線 法律の曖昧さが背景に

坂井市春江町の整体院セラピストハウスです。

 

坂井市で問題視されているパピーミルの続報が本日の福井新聞に掲載されていますね。

 

「子犬工場」虐待か否か、平行線 法律の曖昧さが背景に

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/304656

 

 

法律上は、ペットは飼い主の所有物、つまり「物」に相当するので、難しいですよね。

例えば、私が自分の車を蹴っ飛ばしても、誰も私を咎める法律がないように、

私が私の飼い犬を蹴っ飛ばしても、誰も私を咎める法律はないです。

 

私が小さい頃は、親が子供を叩くのは当然でしたが、今はもう時代が違います。

 

お客様に「うち(竹中家)は子どもは叩いてしつけてるんです」というとひかれると思います。

あ、叩いてませんよ、誤解なく。多分、甘やかして育てている方だと思います。

 

話がずれましたが、子どもへの暴力と同じように、ペットへの暴力もヨシとしない文化ができると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です