献血は身体に良いは83%の嘘?

 

 

 

 

 

 

献血の話題に関して

「献血をすると身体に良い」

という話を聞いた事がある方も

いらっしゃるかと思いますが、

 

これは80%くらいの嘘です!

 

 

 

献血が身体に良いと言われる理由としては、

・血液がリフレッシュされるから健康的になる

・病気になりにくい

・ダイエット効果がある

などが挙げられます。

 

一つ一つ説明していきます。

 

まず、血液がリフレッシュされる・・・ですが、

血液は何もしないでも120日で作り変えられ続けていきます。

なので、わざわざ献血して血液をリフレッシュする必要はなく、

またその効果もありません。

 

次に、病気になりにくい・・・ですが、

これは一部当たっている可能性があります。

一部というのは、献血により、

循環器の病気に良い効果が期待できる可能性があり、

現在、検証中だからです。

それ以外は、良い効果は期待できないそうです。

 

最後に、ダイエットに・・・ですが、

これは全く効果が期待できません。

400mlの献血をしても、同じ分の水分を摂取したら、

何のダイエット効果もありません。

これなら、一食減らした方が効果的です。

 

 

という事で、

3項目中の1項目が一部だけ効果が期待できるので、

83%は嘘だと考える事が出来ます。

 

 

しかし、

献血の本質的な効果は、

献血者の健康のためではないですよね。

 

 

 

必要とする方に、

必要なものがシェアできる。

 

 

 

これにより得られる満足こそが、

献血する事により、

得られるものではないかと思います。

 

 

まだまだ無私になれずに

情けない私ですが、

現状の私は、

そのように考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です