やりがちだけど、やっちゃダメな食べ合わせ

今日は食を取り上げようと思います。

 

というのは、

今朝はレトルトのお味噌汁を頂いていたのですが、

今朝のは初めて頂く製品だったのですが、

ワカメとねぎが一緒に入っていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

この「ワカメ&ねぎ」はおすすめできません。

 

ワカメに含まれているカルシウムの吸収を

ねぎにふくまれているリンが阻害してしまうからです。

 

 

せっかく食べるなら

ちゃんと栄養を吸収したいですからね。

 

 

 

これに似た悪い食べ合わせをいくつか紹介していきます。

 

まず、大根&人参

 

 

 

 

 

大根の豊富なビタミンCが

人参に含まれるアスコルビナーゼに

よって壊されてしまうから。

 

大根&人参に似た理由で

食べ合わせが悪いのが、

トマト&きゅうりです。

 

 

 

 

 

トマトに含まれるビタミンCを

きゅうりに含まれるアスコルビナーゼが破壊するのです。

 

 

 

焼き魚と漬物

 

 

 

 

魚を焼くとジルチルアミンという物質が発生しますが、

これに漬物に含まれる亜硝酸塩が融合されると、
ニトロソアミンという発がん性物質が生成されてしまいます。

しかし、ビタミンCを補うと、

ニトロソアミンの生成をおさえますので、

焼いた魚にレモンなどを絞って食べればOKです。

 

 

 

大根&しらす

 

 

 

 

 

 

しらすに含まれているリジンは

身体の成長に促しますが、

ダイコンにはこのリジンの吸収を阻害します。

この問題は、酢を適量かけると

栄養的な問題は解決されます。

 

ホウレンソウ&ベーコン

 

 

 

 

 

ホウレンソウに含まれる硝酸が

体内では亜硝酸に変化し、

それがベーコンに含まれる

たんぱく質の分解物と反応して、

発がん性物質が生成されます。
それに加えて、

ベーコンに含まれるリン酸が、

ホウレンソウに含まれる

鉄分やカルシウムの吸収を妨げてしまいます。
しかし、ビタミンと一緒にとることで

発がん性物質の生成を抑えられ、

また、ベーコンを炒める前に

さっとゆでておけば鉄分やカルシウムの

吸収を阻害する事ができます。

 

 

 

ざざっと書いてきましたが、他にもあります。

ご注意ください。

 

 

 

 

そういえば、先日コックさんと話していた時に、

「今の日本人が食べている野菜は、実はほとんどが外来種なんだ」

という事を教えてもらいました。

 

「在来種と外来種の見分け方は難しいけど、

元々日本には味が濃い野菜以外は無かったんだ。

味が薄い種類は、ほぼ全部、外来種だよ」

と。

 

私たちが産まれた時から食卓にあった食べ合わせだからOKなんだっていうのは、

実は何の基準にもなっていないのかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です